汐吹あさりが出来るまで

釜茹で工程
釜茹で工程
あさりの身を創業以来、注ぎ足し
注ぎ足しで守り続けてきた秘伝
のたれで煮込みます。
グツグツグツグツ
グツグツグツグツ
辺りにはおいしい匂いが
いっぱいです。
ステンレスの釜
ステンレスの釜
毎日の作業工程を同じにしても
同じ製品はできません。
その日の湿度や温度で
火加減や煮込み時間を
調整します。
出来上がりをみる
出来上がりをみる
一釜一釜、職人がへらで
仕上がりを見ていきます。
経験と勘が味の決め手です。
カゴ上げの準備
カゴ上げの準備
かごを鍋にそえて釜上げの
準備をして時を待ちます。
いっきに釜揚げ開始
いっきに釜揚げ開始
出来上がった製品の釜揚げは
いっきに行います。
製品の均一化を測るためにも
同じタイミングで釜揚げを
行います。
あさりだけを
あさりだけを
釜揚げしていきます。
煮汁はかごの下からもう一度
釜に戻るように工夫して
あります。
粗熱を取る
粗熱を取る
できあがった製品は均一に
広げ粗熱を取ります。
まんべんなく
まんべんなく
できあがった製品を
確かめながら
まんべんなく広げます。
パレットに移す
パレットに移す
汐吹あさりを、今度はパレットに
均一に並べていきます。
品質を確かめてから
品質を確かめてから
均等に並べていきます。
次の工程で熟成乾燥する時
乾燥状態が均一になるように
きれいに並べます。
コンテナに
コンテナに
コンテナに並べます。
この時点では、まだ汐吹きに
なっていません。
これから熟成乾燥することで
汐吹あさりになります。